R+houseとは|東大阪市内での注文住宅、リフォーム・リノベーションなら「ハイセンス」

メニュー

R+ハウスについて R+house

R+houseとは、身近に、手軽に、アトリエ建築家と建てるお家です。

  1. 1 建築家とつくるデザイン住宅
  2. 2 高性能を追求した 快適で高耐久な住宅
  3. 3 ムダなコストを抑えた住宅

「一流の建築家が設計するデザイン性の高い家」「高気密・高断熱・高耐震の高耐久の家」
いつかは住んでみたいと誰もが想う理想の住宅。これを手の届く価格で提供できないか。
お客様の想いをカタチにする注文住宅でありながら、様々な工夫でコストを抑える。
そんな発想に基づいて生まれたのがR+houseです。

アトリエ建築家がデザインするあなただけの住まい

アトリエ建築家がデザインする
あなただけの住まい

R+house 建築家と創る家

住まいは家族が幸せな時を過ごすためになくてはならない大切な空間です。
例えば家族の好みやライフスタイルを表現した空間。使い勝手の良い空間。心地よい広がりのある空間など。
R+houseのアトリエ建築家は、更にライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。
家族でずっと仲良く暮らしたい。そんな想いを叶えます。

ヒアリングからプランニング決定まで

では、建築家はどのようにプラン(間取り)を作っていくのでしょうか?まずは、土地の敷地調査・ロケーション(実際にその土地に立って、土地の特徴を肌で感じ取ります)から構想を始めます。

例え、面積は小さくても広く感じる空間を設計します。 大切なのは広さではなく広がりです。

プランニングが完了したらいよいよ、お客様にお披露目です。図面だけではなく、時には模型を使ってアトリエ建築家からプレゼンをして頂きます。

お話いただいたお客様の想いや夢が形になって出てくる瞬間は感動の場面になることでしょう。

当社物件例

「家づくりとは・・・」なんて硬く考えなくてもいいのでは?
単純に家族が楽しめる家を一緒に作っていきましょう。夫婦で晩酌、テラスでバーベキューなんかもいいですね。
たくさんの「したい!」という想いを、ぜひ私たちにお伝えください。

高気密・高断熱にこだわった快適なくらし

R+houseは、気密と断熱にこだわって、
住み心地の良い住宅を実現します!

住宅を選ぶのに、性能って気になるところ。家が建った後の住環境に大きな影響を与えます。
「冬は暖かく、夏涼しい家」とは?…一言で言うならば性能の良い家の事です。その為には、住宅の「気密性」と「断熱性」を高めることが不可欠なのです。
R+houseの家は、性能(気密・断熱)にとことんこだわっています。

R+houseの「高気密住宅」とは?

高気密な家とは、隙間が少なく熱損失も少ない家のことです。
住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくするので、冷暖房用エネルギー消費が低減できます。また、適切な計画換気がなされるので結露の危険を低くするなど生活環境の快適性を高めた住宅です。

気密の性能はC値という指標で表されます。C値は床面積1㎡当たりの隙間面積(c㎡)で示され、値が小さいほど隙間の少ない高気密な家と言えます。

※これまでの日本の目標は5.0(c㎡/㎡)ですが、高気密にこだわるR+houseは0.5(c㎡/㎡)を目標としています。

R+houseの「高断熱住宅」とは?

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。住宅の外部に面する部分(外壁、屋根、窓など)から熱が逃げないように、室内と室外をエネルギー的に区切って(断熱して)いるので、冷暖房効果が高く、快適で環境への負荷も少ない住宅です。

断熱の性能はQ値またはUA値という指標で表されます。
値が小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。

次世代省エネルギー基準は地域によりますが、一般的な4地域・5地域=関西・東北の一部、九州の一部では、表の通りです。
高断熱にこだわるR+houseは次世代省エネ基準を大きくクリアしています。

合理的な設計ルールで性能と価格を両立する。

注文住宅のコストを上げているのは、高い部材価格や ムダ使い、購入の手間、余分な職人さんの手間、長引く工期などです。
R+houseでは、その部分のムダを極力少なくするために 幾つかの工夫を行っています。

部材流通ルートの見直し
部材流通ルートをメーカー直送にしました。
工場の生産効率が上がるようなルールでWebシステムにて発注しています。
これにより部材価格の低減が可能です。
設計ルールの取り決め
コストが掛かる設計とコストを抑える設計があります。
注文住宅の設計は、お客様がコストを意識しながら建築家と一緒に住まいをデザインすることが大切です。
合理的な設計ルールを熟知している建築家がクオリティーの高い住まいづくりをサポートします。
1/2レベルの工期短縮
工期が長いとその分工事経費が掛かってしまいます。
工期を短縮するには工事事務の手間や職人さんの手間を極力抑える様な上手な設計と職人手配が重要になります。
そのためのルールを設定しています。
営業経費の大幅削減
宣伝広告費や事務経費など建物に関係ない費用を極力抑えています。
「とりあえず敷地調査」「とりあえずプラン」にもコストはかかっています。
「とりあえず…」と無料で実施した分のコストは、実際に家を建てる人の建築費用に上乗せされてくるのです。R+houseは、この「とりあえず…」で他人のためのコストまで建てる方に負担いただくことをやめました。
PAGE TOP